サウダーヂな夜

猪突猛進系女子。

  • BID94|2017年12月04日


自転車を漕いでると、冷たい風がコートとニットの隙間にす〜〜っと入ってきて無防備な二の腕を撫でてくるから、おお〜さぶ!ってびっくりして、あ〜今日はヒバリで手袋買おって決めた。

そして本日になってお恥ずかしいことだと気がついたことなので、何を隠そうって感じでこっそりとカミングアウトするのだけど、去年の私は軍手で寒い冬を乗り切っていた。だっていつも自分の車に転がっていたし(なぜか)、私のルイガノ太郎に(なぜか)つけてたドリンクホルダーにぴったし収納できたし、とにかく寒さをしのげていた。しかし、車を手放し、あらゆる田舎に通うこともなくなり、私は軍手を手にする機会を失い、もう、軍手が手元に残っていない。

そんなわけで今年は素手で自転車に乗っていたけど、大した距離を移動しないから問題なかったけど、今日ようやく、おお〜さぶ!って感じたので明日は休みだし、手袋を買うことにしたのだ。(今、ヒバリにはピープルツリーの可愛いニット小物が豊富なんですよ。)

それで、さっちゃんに今日は手袋を買おうと思ってって、軍手の話をしたら、えー!!ってことになり、あれ、これは恥ずかしいことなのでは…と気がついた。私はヒバリで働くようになり、人として気持ち良く暮らす術をサチエ姉さんから学んでいる。時々、叱られながら。

で、早速手袋を買って、帰り道ぬくぬくしながらサウダーヂに寄ってこれを書いている。私は今少しずつ自分のことを矯正していて、少ーしずつ牛歩並みだけど成果が出始めているところ。こないだ買ったブルータスの開運特集には、月星座が射手座の女子への地雷ワードが「がさつだね」と書いてあった。翌日、城主には何かの折に「きりはがさつなんだから。」と早速正々堂々と地雷を踏まれた。ていうか、色んな人に踏まれまくってる自覚がある。

なんかこのまま猪突猛進系で生きていくのは都合が悪い気がして、休みのたびに部屋の動線を考え直したり、気持ち良く暮らすグッズを手元に常備するようになったら、確かに少し生きやすいのだ。手袋もまた然り。これまで所持していなかったわけではないけど、よく片方だけが残った(なぜか)。でも、これからはそんなことも起こらないような気がするんだ、多分ね。謎の自信があるんだ、恐ろしいことに。


共感いただけましたら、シェアなどよろしくおねがいします。

香具師 Profile

きり

「ヒバリ照ラス」スタッフ

ひょんなことから毎週日曜日「サウダーヂな夜」の昼営業にて働くことになり、ひょんなことから表町商店街のヒバリ照ラスで働いています。

Other Articles

「週刊私自身」 New Articles

サウダーヂなTOPICS

close

Copyright saudade-ent.com | Developed by dak