サウダーヂな夜

電車に乗って。

  • BID44|2017年01月08日


人からもらった18きっぷで
寝ぼけた身体とショートトリップ
偶然はいつも突然降ってきて
私をいざなう

知らないところへ行ってみようと
山の中にある茶色の洋館へ
抜ける青空
窓には眩しく映る自分の姿
3時間かけたら
ここは私のことを知らない
異質が風景にすっと馴染んでいく時が
好きです

ヴォージラール通り226番地
金の太陽の部屋
銀色のフォークが
クートラスに刺さるのをためらうから
私は素手でかじりつく

あなたと来たら「好きそうだね」
って言ってくれるかしらね
よくわかったね
私、この感じ、超好みだよ
行きがけにコランとクロエの恋物語を
読んじゃったせいですね
めんどくさいって言われそう

それにしても
こんなに綺麗なステンドグラスがあったら
別荘だって欲しくなる
反射するキラキラを
みつけて追いかけていたら
不思議に思ったおじさんが
私の後ろを追っかけた

今日は不思議だ
バスが道端で故障した
仕方がないから歩き出したら
暑くなったのでマフラーをとった
私の伸びた髪の毛が
風を感じて冷たく湿る

川沿いにひっそりかげる神社をみつけて
お参りする
社務所の窓に「京都で一番きつい」と
注意書きしているおみくじで
私は大吉引いてやりました
新年二度目の連続大吉
ところでね、実は恋をしたいんです
こんな風に
はっとするような脅威から
ふたりを始めてみたいと思うのです

共感いただけましたら、シェアなどよろしくおねがいします。

香具師 Profile

きり

サウダーヂな夜スタッフ

ひょんなことから毎週日曜日「サウダーヂな夜」の昼営業にて働くことになりました。城下をぶらぶらする際には、ぜひ私の話し相手になってください。もしくは面白い本もあるのでふらりと読書に寄っていただけたら。

Other Articles

「週刊私自身」 New Articles

サウダーヂなTOPICS

close

Copyright saudade-ent.com | Developed by dak