サウダーヂな夜

ミクロの感触

  • BID18|2016年08月08日

目に見えないものを、信じている。


スピリチュアルな話とかではなくて、常在菌のことをぼんやり考えていて、ふと。

人間の肌って、おびただしい数の菌が住んでいるらしいんですね。
さらにいうと菌の種類とか割合とか、一人として同じ分布図?っていうのはないらしい。
どれだけ近い家族であっても、全く同じ顔は存在しないのと同じで、常在菌はその人固有のもの。
この何億何兆という菌が、外部からの雑菌やら病原菌やらを食べてくれるおかげで、私たちは毎日平穏に暮らしているわけです。
だから過剰な除菌とか抗菌とか、よっぽど重篤な病気で免疫が低下した人を除けば必要ない。
健康体なら、むしろほどほどに菌があるほうが望ましいというわけです。

目には見えないけれど確実に存在していて、私たちを支えてくれているもの。
そういう存在がこの世から排除されてしまったら、とても味気なく寂しく、何より現実問題として、生き物としての密度と強度がグッと薄まる気がする。


病院でもない場所で、除菌スプレーの匂いを感じるとき。

空き地の土がコンクリートで固められるとき。

リスクマネージメントっていう言葉を聞くとき。


表面はつるっとして一見キレイになるんだけど、言葉では表せないほどの、微細な手触りや匂いがぜんぶ失われてしまって、これまた言葉でうまく表せないんだけど物足りなさと違和感とを体がどこかで感じているのです。
その言葉の領域外の、意識にも上らないような感触こそが、もしかしたら暮らしの彩りだったり豊かさだったりをつくっているのかな?

となんとなく感じましたが、常在菌さんたちはどう思われますか?

共感いただけましたら、シェアなどよろしくおねがいします。

香具師 Profile

木村 佐知恵

AEAJアロマセラピーインストラクター
アロマフォーミュレーター
芳香専門店「per fumum」店主

教室では、ひとつでも多くの精油(エッセンシャルオイル)の 香りを体感していただくことを一番に考えて進めています。 そのうえで、どのレッスンでもかならず「ブレンド」が 体験できるような内容になっています。 なぜなら、精油はブレンドすることで、1+1=3にも4にも、 ときには10にも!!相乗効果で香りがぐっと深まり、 楽しみもぐんと広がるからです。
また、アロマ教室なので精油の質は生命線、と考えています。
オーガニック&ワイルドのピュアで上質な精油で、心に触れるアロマセラピーを みなさんといっしょに楽しめたら嬉しいです。 精油同士をブレンドした時におこる「相乗」、 そして教室というライブの場でおこる「相乗」、どちらも楽しめる レッスンを目指します!

Other Articles

その他の記事はありません。

「週刊私自身」 New Articles

サウダーヂなTOPICS

close

Copyright saudade-ent.com | Developed by dak